シェアハウスのメリット

費用を安く抑えることができる


シェアハウスに住む大きなメリットの一つが、一人暮らしに比べて家賃を安く抑えられることです。敷金・礼金が不要な場合も多いので、初期費用をあまりかけずに住むことができるのも嬉しいポイントでしょう。また、新しくオープンするシェアハウスへ入居する場合は、途中から入居する人よりも費用を安く抑えられることもあります。より費用を抑えたいという人は、新しくオープンするシェアハウスを狙ってみてもいいかもしれません。新たに一人暮らしを始めるとなると、冷蔵庫や洗濯機などの家電やベッドなどの家具も必要になりますよね。シェアハウスであれば最低限の家電や家具は揃っていることが多いので、新たに揃える必要はありません。何か新たな家電や家具が必要であれば、みんなでお金を出し合って購入することで、費用を安く済ませることもできます。

image

コミュニティの中での安心感と程良い緊張感


シェアハウスでは複数人が同じ屋根の下で暮らすため、その中でコミュニティが形成されます。そのため、困った時はお互い様の精神で、お互いに助け合えることもメリットの一つです。たとえば、風邪をひいてしまったときには何か差し入れをしてもらったり、お互いに必要な情報を交換し合ったりなど、人と人とのつながりの中で生活ができます。また、特に女性であれば一人暮らしは少し心配という方もいるかもしれません。シェアハウスでは複数人で生活するため、防犯上も一人暮らしよりは安心感があります。そのほか、程良い緊張感を与えてくれるというのもシェアハウスのメリットになり得るでしょう。同じ屋根の下に住んでいるため、ある程度お互いの生活スタイルは把握でき、もし会社などをズル休みしていれば分かってしまいます。そのため常にある程度の緊張感があり、怠惰な生活からは距離を置くことができます。